戦艦「BB-57サウス・ダコタ」 アメリカ海軍
 アイオワ級戦艦1番艦
掲載:2006年08月20日
修正:2014年07月15日
 BB-61アイオワ 1945(終戦時仕様) <フジミ製>


<使用キット>
ウォーターラインシリーズ 115 「BB-61アイオア」 1/700 フジミ 1975年発売

(1992年にウォーターラインシリーズから脱退し、シーウェイモデル 23として発売される。)

<実艦について>
 ニューヨーク工廠で建造され、1943年 2月22日に就役。米海軍が建造したアイオワ級戦艦のネームシップです。主砲は40.6p 3連装 9基、最高速力33ノットの高速を発揮する高速戦艦です。船体長は270.4mと長大ですが、パナマ運河を通行するため船体幅が33m に抑えられて設計されており、非常に細長い船体形状をしていることが本級の特徴です。

 大西洋で哨戒任務に従事しましたが、その後太平洋に回航し、対日作戦に従事します。マーシャル、マリアナ、フィリピンや沖縄攻略作戦に参加、日本本土の艦砲射撃などで活躍し、1945年 8月末には東京湾に入港しました。

 大戦後は1950年の朝鮮戦争、1991年の湾岸戦争で活躍、1995年 1月12日に除籍され、ニューポートの海軍教育訓練センターで記念艦として保存されています。
 
<キットについて>
 元々、ウォーターラインシリーズ(WL)の115 としてフジミから発売されたキットでしたが、1992年にフジミがWLを脱退したため、現在はフジミが展開するシーウェイモデル23として発売されています。

 キットの開発は1975年ですので約30年前に発売された古参キットになります。キットの内容は、シーウェーイシリーズの21「 BB-63 ミズーリ」や22「 BB-62 ニュージャージ」と同じもので、各艦の違いは残念ながら再現されていません。開発時期が同じものにタミヤの「CV-6エンタープライズ」やハセガワの「BB-57 サウス・ダコタ」などがあります。

<作例について>
 タミヤがウォーターラインシリーズにてアイオワ級戦艦の「BB-63 ミズーリ」を発売したため、旧キットにあたるフジミのキットを比較目的で建造しました。ただ、同じ艦では面白くなかったので、この「BB-61 アイオワ」を選びました。まったくの素組みですが、前楼トップのレーダーはミズーリのSK-2レーダーがパーツ化されていますので、他キットよりSKレーダーを調達し取り付けました。
 約30年前の古参キットのため、現在のキットのディティールと比べるとつらいものがありますが、全体的な雰囲気は”カチッ”としていて気軽に楽しむには十分良く出来たキットと思います。ただし、金型の疲労からでしょうか、パーツの整形作業に手間取ります。箱絵は1944年時のメジャー 3シリーズの迷彩ですが、キットの内容は終戦時の1945年時のようであり、当時採用していたメジャー22で塗装しました。メジャー22は船体下部がネイビーブルー色で、船体上部がヘイズグレー色なんですが、今回は好みでヘイズグレー色部分を GSIクレオスの軍艦色 131で塗装しました。


     
inserted by FC2 system